画像無料セミナー

VPシリーズで動作する組込みユーザアプリソフトの開発手順を解説
内容 当社の最新画像処理ボードSVP-Ax330CLを教材にした、オンボードで動作する組込みユーザアプリソフトの開発セミナーです。
C環境(Windows、VisualC)でのリモートプログラム(PCアプリソフト)の開発・デバッグから、オンボードで動作するスタンドアロンシステムへの移行(組込みアプリソフト作成)までの手順をサンプルを用いて詳しく解説します。
開催日 2019年 1月17日(木) 13:30~17:00
会場 マクセルシステムテック(株)営業部 会議室
神奈川県横浜市戸塚区信濃町549-2 三宅ビル8階 [地図・アクセス]
定員 20名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
受講料 無料
申込み方法 下記アドレスまでメールでお願い致します。
参加頂く旨のご連絡と、参加頂く方の氏名、所属、ご連絡先を
画像無料セミナ 担当 宛 にご連絡下さい。
vp-support@maxell.co.jp
カリキュラム ■弊社 画像認識ソリューションの開発環境説明

(a)組込み画像認識システムソリューション(画像製品ラインアップ)概要
(b)開発環境SDK(Software Development Kit) について
  (インストール ~ 環境設定)

■アプリソフト開発までの手順説明と開発実演

(c)評価ツール(VPMaster)を用いた画像認識方式の検討
(d)PCユーザアプリ開発(サンプルソース構築:リモート画像コマンド)
(e)組込みユーザアプリ開発(サンプルソース構築:タスク化)
(f)ユーザアプリ開発実例(サンプルアプリ:ImgLocation)

お問合せ先 マクセルシステムテック株式会社 営業部 武井、武田
TEL 045-443-5840

マクセルシステムテック株式会社の個人情報保護ポリシーをご覧ください。
受講申し込みに際して当社の個人情報保護ポリシーの内容にご承諾頂けたものとし、
お客様の個人情報につきましては、法令及びその他の規範を遵守してまいります。

画像処理・画像認識システム 展示会のご案内

国際画像機器展2018

2018年12月5日(水)~7日(金)にパシフィコ横浜にて開催されておりました
『国際画像機器展2018』にご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

      

新製品 エッジAIを実現する組込み画像認識システム
     NVP-Ax400シリーズ


出展内容


[1] AI(CNN)による文字認識



[2] ラインスキャン取り込み

 

画像センシング展2018

2018年6月13日(水)~6月15日(金)にパシフィコ横浜にて開催されておりました
『画像センシング展2018』にご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

      


出展内容

[1] 新製品 エッジAI対応NVP-Ax430/435CL(10月製品販売予定)

  ■ AIによる人物検出と文字認識
   エッジAI によるパターン認識の非同期平行処理として、
   人物検知、文字認識のAI推論デモを1台で同時実行。




[2] 一体型簡易検査機(レディーメード)のご提案

  ■SVP-Ax330CL+8インチタッチパネル一体型簡易検査ユニット
   画像ボード+タッチパネル+カメラ+画像マッチングソフトImgLocationを一体化した
   画像マッチングデモを展示。ベルトコンベアを使い、小型検査機をイメージしました。

 
このページのトップへ